楽しみながら巡る歩き遍路

婦人

夜行バスで旅行を楽しもう

寝ている間に目的地に着く夜行バス。低価格、荷物の移動がない、直行できるとあって、すっかり旅行の足として定着しました。夜行バスも年々進化を遂げていて、今までより一層乗り心地が向上しています。ベッドに近い角度まで倒せるシートのリクライニング、足を支えてぶらぶらしないレッグレスト、靴を脱いでくつろげるフットレストなどの機能は当たり前に装備されています。カーテンで仕切られる個室タイプ、女性専用エリアなどがある車両もあって、女性の一人旅でも安心です。四国の高知にも全国各地から夜行バスで行くことができます。春や秋のお遍路シーズンには、高知へ旅して歩き遍路にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

日帰りでも行ける歩き遍路の魅力

四国で人気の旅行スタイルが四国八十八ヵ所の霊場を巡るお遍路です。弘法大師・空海が拓いた霊場は、恋愛成就、就職祈願、健康増進などの願いを叶えてくれるパワースポットとして人気が高まっています。お遍路の目的は人それぞれでよく、また交通手段も問いません。どこから回ってもよく、適当に区間を区切って巡る「区切り打ち」、一つの県を国として巡る「一国参り」などがあり、自分の都合によって巡り方が選べます。もっとも基本的なのが歩き遍路ですが、自分の足で行くだけあって歩き通した時の達成感は大きいものがあります。日帰りでも行けるのが歩き遍路の魅力。温暖で自然豊かな高知は歩き遍路には最適の場所です。

観光に最適な歩き遍路

歩き遍路なら自分の体力に合わせて自分のペースで旅ができます。気になる観光スポットがあったらちょっと立ち寄るのも自由です。「お接待」といって四国にはお遍路さんをもてなす文化があり、歩き遍路はもっともその恩恵を受けます。美しい海と山、数々の観光名所、人情味が厚い高知を旅するには適したスタイルです。

お遍路の人気スポットベスト5

no.1

歴史の見所がいっぱいの高知市

高知市内には歴史に関する多くの観光スポットがあります。国の重要文化財に指定されている高知城、維新の礎を築いたして人気の坂本龍馬像が建つ桂浜や中岡慎太郎館など、歴史好きにはたまらないスポットがあります。よさこい節で歌われたはりまや橋、日曜市などの観光も人気です。

no.2

最後の清流が流れる中村市

最後の清流と呼ばれ、澄んだ清流と沈下橋で有名なのが四万十川です。四国一の長さで水量豊な大河です。近隣のお店では四万十川が獲れた天然鮎や天然ウナギ、川エビのグルメが堪能できます。シーズンによっては釣りや川遊び、舟遊びが楽しめます。

no.3

空海が残した数々の伝説が残る室戸岬

海岸線には大小の奇岩が乱立し、内陸部には亜熱帯性樹林や海岸植物が見られます。この付近の海域は海の難所として恐れられ、ダイナミックな波が打ち寄せています。空海が修行をして開眼したという伝説が残る御厨人窟(みくろど)も見所です。

no.4

太平洋の丸さと広さが体感できる足摺岬

四国最南端に位置するのが足摺岬です。近くには第38番札所の金剛福寺があり、第37番札所の岩本寺からは四国八十八か所の中では最長距離にあります。岬から太平洋の大海原が一望でき、地球の丸さを体感します。近くにあるハート型の洞窟がある白山洞門は恋愛のパワースポットとして人気の場所です。

no.5

珍しいだるま夕日が見られる宿毛市

高知県西端に位置する宿毛市は冬のだるま夕日が眺められます。蜃気楼の一種で太陽が海に沈む時、海面上とつながってだるまのように見えることから名付けられました。近くの土佐清水市では全国的に有名な清水サバが食べられ、グルメの方に人気があります。

[PR]

歩き遍路専門のツアーを提供中!
手頃な価格で利用できるコースあり!
広告募集中